副業でも出来るフリーエンジニア 副業の際の注意事項なども含めお話します。
  • 副業をして将来的に独立をする

    現在の本職の給料にプラスした収入が欲しいということで副業をしている人もいますし、それぞれの状況によって本職とは別の仕事をしていることでしょう。
    その中には、将来的に独立を考えているということもあるのではないでしょうか。また、最初はそんな気はなかったが、本職とは別に仕事をしているとそちらの収入の方がかなり上がってきたから視野に入れるということもあるかもしれません。

    将来的に本職以外の仕事をしていこうと思っていたとしても、そちらの収入が安定したときや、先の見通しが立ったときに独立をした方が安心かもしれません。
    例えば、サロンを経営していきたいと思ってもいきなり本職を辞めるのではなく、週末や夜などにサロンで仕事をしつつ様子を見ていく、といったことをしばらく続けてから決めた方がいいかもしれません。
    少しでもその仕事に携わることで、実際のところが見えてきますし、自分がやっていけるのかということも分かってくるといえるでしょう。

    そこで人脈を作っていくということも大切ですし、顧客の獲得方法なども学ぶことがあるのではないでしょうか。
    本職を辞めてしまうと、生活費から新しい仕事のことまで一気にやならければならないことが増えてしまいますので、このように徐々に進めていくといった方法の方が、見極めていくという点から見ても有益だといえるかもしれません。

    独立をするということは、それに伴う費用もかかってきますので、この副業の時点で計算して予算を出しておくといいでしょう。