副業でも出来るフリーエンジニア 副業の際の注意事項なども含めお話します。
  • 本職とは別に副業がある場合

    本職があったとしても、いろいろな理由で副業をしているという人もいるのではないでしょうか。
    少しでも家計の足しになれば、ちょっとした旅行などにもまわせるかもしれないので、時間があったり余裕がある場合は考えてみてもいいでしょう。
    しかし、本職が会社員などでしたら、副業を禁止していないかをよく確かめるようにしましょう。副業をしばらくしていると、時には軌道にのってある程度の年収が出てきたということも起こってくるかもしれません。
    そうなってくると、確定申告も必要となってくるでしょう。

    会社員で働いていると、なかなか確定申告をする機会というのがないといったこともあります。
    なので、この確定申告のことを認識せずに他の仕事を始めてしまうこともあるのですが、所得が20万円を超えたら確定申告をする必要が出てきます。
    新たにする仕事の収入を考えながら始めていく必要があるといえるでしょう。

    所得は総収入から経費などを引きますから、もらったお金全額というわけではありません。
    例えば、売り上げが20万円だったとしても、経費が10万円かかっているということでしたら、差し引き利益は10万円ということになります。
    なので、このケースでは所得は10万円ということになり、確定申告は不要ということになります。この経費に計上するためには、領収書などを取っておくということも大切です。この費用がなぜ経費なのかということを説明できるようにしておくということも重要です。